甲州市勝沼ワインゼミナールで田中康夫氏の話を聞く
b0082891_1623241.jpg長野県産ワインのブランディングを「原産地呼称管理制度」への取り組みで成功させた田中康夫前長野県知事の講演を、甲州市勝沼ぶどうの丘イベントホールで拝聴してまいりました。勝沼ワイン協会が主催する第28回勝沼ワインゼミナール、交流会では23種類の勝沼産ワインを試飲して参りました。追々準備が整いましたら山梨のワインをご紹介したいと思います。
田中康夫氏といえば、それこそ「なんとなくクリスタル」の時代から興味を抱いていた方なので、山梨で直接話しを聞けるのは非常に嬉しい。
それも無料で。
その上、会場にズラリと並ぶ勝沼産ワインの試飲会付で、でございます。
地域で何かことを成すには、「ばか者」(儲け、損得にとらわれない人)、「よそ者」(地元としがらみがない人)、「若者」(行動力のある人)たちの考え方が必要。とのお言葉でございました。
晴れ渡る山梨の空は、どこまでも青く澄み、南アルプスの山並みが美しく見渡せるのでありました。
[PR]
by calbra2 | 2007-02-03 14:59 | ■フォトストーリー
<< 金精軒製菓が、磁場エネルギーの... 2007年度カルブラ「春のキャ... >>








当ブログ【カルブログ】は、甲斐モノサイト【カルブラ】のサイドストーリーで構成されるブログです。あるが儘の山梨県と、日々進化するローカルブランド流通レボリューションの軌跡を(‥ってそんなたいそうなもんじゃないんですが)垣間見ていただければ幸いです。
そして甲斐モノサイト【カルブラ】とは、私たち「やまなしブランド流通事業組合設立準備委員会」が運営する、山梨県の産物を山梨県の生産者から産地直送でお届けするネット通販サイトです。どうぞお気軽にご訪問下さい。








その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧