この美味さ、写真で伝わりますか?


b0082891_1711551.jpg待ちに待った丹沢佳世子@山梨のネクタリンが丹沢農園から届いた。トップページフォトの撮影用だ。
早速箱を開けると、さわやかな香りが漂う。真っ赤に熟れたネクタリンは、まさに今食べてくださいと言わんばかりの、深紅のオーラを放っている。
オーラの誘惑をなんとか振り払い、撮影開始。スタジオに甘美な香りが充満する中、こらえて撮影を続ける。

「ああ、、食べちゃいたい‥‥」。オーラの誘惑を必死で振り払う。

今度はネクタリンをカットして撮影。縦にナイフを入れ、ぐるっと一周。中心に種が1つ入っている。梅干しの種を大きくした感じ。種離れが良好なため、軽くねじれば簡単に半分に分かれる。皮は、むかない。
半分にカットすると、さらなる芳香が放たれる。そして、あざやかで濃厚な黄色の果肉からは、果汁がジュワッとあふれ出す。
普通、果物って身が引き締まってれば果汁は少ない印象あるでしょ?ところが、このネクタリンは、身が引き締まっていながらものすごくジューシー。もはや反則。野球で例えるならば、松井のパワーを持ったイチロー。
こんな強烈なオーラに耐えられるはずもなく、4、5枚撮って撮影中断。あと11個もあることだし。一思いにかぶりつく。

「う、うまい、、、」。

歯ごたえがありながらも、みずみずしい。

果肉中心に程よい酸味があり、中心からはなれるほど甘い。皮をむかずに食べれば、皮を噛むほどフルーティーな香りがほとばしり、甘みと酸味が絶妙なバランスで交ざり合う。皮までうまい果物は、そう多くはないはずだ。
そうこうしているうちに、あれよあれよと1個完食。

「ああ、こんなことをしている場合じゃない。撮らねば。」

そんなこんなで、撮影を口実に、この日のうちにかなりの量のネクタリンを一人で消費したことは、言うまでもない。
[PR]
by calbra2 | 2006-08-03 17:14 | ■フォトストーリー
<< 巨峰の予約販売受付開始が若干遅... 構想8年、まだ立ち上がったに過... >>








当ブログ【カルブログ】は、甲斐モノサイト【カルブラ】のサイドストーリーで構成されるブログです。あるが儘の山梨県と、日々進化するローカルブランド流通レボリューションの軌跡を(‥ってそんなたいそうなもんじゃないんですが)垣間見ていただければ幸いです。
そして甲斐モノサイト【カルブラ】とは、私たち「やまなしブランド流通事業組合設立準備委員会」が運営する、山梨県の産物を山梨県の生産者から産地直送でお届けするネット通販サイトです。どうぞお気軽にご訪問下さい。








その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧