大吟醸粕てら/信玄餅 詰め合わせ、新価格のお知らせ
ご好評をいただいております金精軒製菓の「大吟醸粕てら/信玄餅 詰め合わせ」の価格が、2007年6月1日より、今までの1,940円から、2,030円へと変わります。
穀物全体の価格上昇の影響で、もち米の価格も大幅に上昇し、これからも国産のもち米で、おいしくて安全な信玄餅にこだわるために、値上げせざるをえない状況とのことです。
なにとぞご理解のうえ、今後とも変わらず信玄餅の金精軒ならびに甲斐モノサイト・カルブラをよろしくお願いいたします。
[PR]
# by calbra2 | 2007-06-01 06:57 | ■インフォメーション
金精軒製菓が、磁場エネルギーの力で鮮度を損なわずに保存できる冷凍庫を導入!
b0082891_1127533.jpg甲斐モノサイトカルブラのレギュラーアイテムとしてもお馴染みの、ご存じ「信玄餅」の金精軒製菓が、磁場エネルギーを使って食品の鮮度やおいしさを損なわずに保存できる冷凍庫を導入した。
添加物なしに作りたての状態を保てるわけで、冷凍したままの和菓子を販売するシステムが整備され次第、カルブラでもご紹介してみたいと思っております。
[PR]
# by calbra2 | 2007-02-22 11:28 | ■インフォメーション
甲州市勝沼ワインゼミナールで田中康夫氏の話を聞く
b0082891_1623241.jpg長野県産ワインのブランディングを「原産地呼称管理制度」への取り組みで成功させた田中康夫前長野県知事の講演を、甲州市勝沼ぶどうの丘イベントホールで拝聴してまいりました。勝沼ワイン協会が主催する第28回勝沼ワインゼミナール、交流会では23種類の勝沼産ワインを試飲して参りました。追々準備が整いましたら山梨のワインをご紹介したいと思います。
田中康夫氏といえば、それこそ「なんとなくクリスタル」の時代から興味を抱いていた方なので、山梨で直接話しを聞けるのは非常に嬉しい。
それも無料で。
その上、会場にズラリと並ぶ勝沼産ワインの試飲会付で、でございます。
地域で何かことを成すには、「ばか者」(儲け、損得にとらわれない人)、「よそ者」(地元としがらみがない人)、「若者」(行動力のある人)たちの考え方が必要。とのお言葉でございました。
晴れ渡る山梨の空は、どこまでも青く澄み、南アルプスの山並みが美しく見渡せるのでありました。
[PR]
# by calbra2 | 2007-02-03 14:59 | ■フォトストーリー
2007年度カルブラ「春のキャンペーン」始まりました。
b0082891_17571495.jpgカルブラ春のキャンペーン!アンケートに答えた方の中から抽選で5名様に「カルブラオリジナル24節気カレンダー」をプレゼント!
アンケートの質問は、
「山梨県と聞いて、何を思い浮かべますか。」
クイズではありません。アンケートです。自由気ままにご応募下さい。
といってもピンとこない特に山梨県外の方、ご参考までにこちら、カルブラが発行している24節季刊WebMagazineカルブの創刊記念特集「やまなし県といえば!?ベスト100ランキング」をご覧下さい。1月25日現在、100位〜71位が紹介されています。

■アンケートの質問
「山梨県と聞いて、何を思い浮かべますか。」
言い換えると、「山梨県といえば、○○○‥‥。」の○○○を思い起こして下さい。
※20文字以内で、なるべく簡潔にお答え下さい。

■応募〆切
2007年4月5日(木)まで

■当選発表
2007年4月下旬
※ご当選者に直接メールでご通知致します。

■応募方法
甲斐モノサイト「カルブラ」からどうぞ!
[PR]
# by calbra2 | 2007-01-25 17:56 | ■インフォメーション
2007年の初日の出は身延山山頂で!


b0082891_11504062.jpg明けましておめでとうございます。
好天に恵まれた元旦は、日蓮宗総本山身延山久遠寺に行ってまいりました。
本堂での荘厳な新年祝祷会に参拝した後に、ロープウェイにて標高1,153mの身延山山頂まで登り、これまた荘厳な初日の出を拝んで参りました。
その時の模様等はこちらのカルブラ山梨県ご紹介ブログ「やまなし県で逢いませう」でご覧下さい。
本年も甲斐モノサイト「カルブラ」ご愛顧の程よろしくお願い申し上げます。
[PR]
# by calbra2 | 2007-01-01 11:47 | ■フォトストーリー
幻の米、武川村産「農林48号」


b0082891_11382860.jpg幻の武川米、(通称武川48「ヨンパチ」、正式名称「農林48号」)は、山梨県の数少ない銘柄米のひとつで、武川村他山梨県北部でしか栽培されていない希少なお米です。
お米には普通「コシヒカリ」とか「ササニシキ」とか「ひとめぼれ」とか「あきたこまち」とか、それこそ有名なコピーライターが力を振り絞って捻り出したような、大層立派なブランド名が付けられている。
しかーし!皆さん、正式名称「農林48号」をそのまんまブランド名にしたこの潔いネーミングをご覧下さい。
ワクワクするじゃありませんか。
私らの世代にしたら、「鉄人28号」を想起させる素晴らしいネーミング!
このパッケージも永久保存版もんですね。
[PR]
# by calbra2 | 2006-12-09 11:33 | ■フォトストーリー
山梨県ワイン酒造組合主催による山梨県産ワイン試飲商談会


b0082891_10205338.jpg秋はワイン、ヌーボーの季節、ということで11月29日に甲府の湯村常盤ホテルで、山梨県ワイン酒造組合主催による山梨県産ワイン試飲商談会が行われました。
東京では毎年開催されているそうですが、山梨で開催されるのは今回が初めてだそうで、一般の参加も多くみられました。
100%山梨県産のワイン原料(葡萄)から造られたワインに限定しての試飲会ということで、各ワイナリー(参加22醸造所)自慢の逸品を厳選しての充実した内容とあって、ワインファンにとっては堪らない一日となりました。
ちなみに写真のグラスは試飲に使ったもので各自持ち帰ることができます。
[PR]
# by calbra2 | 2006-11-29 14:14 | ■フォトストーリー
幻の武川米   ※写真はイメージです。


b0082891_9371529.jpg幻の武川米、(通称武川48、正式名称農林48号)は、山梨県の数少ない銘柄米のひとつで、武川村他山梨県北部でしか栽培されていない、希少なお米です。

米の産地と聞いて山梨をイメージする人は少ないでしょうが、実は武川村は江戸時代から良質な米の産地として知られています。武川村では毎年11月に武川米米祭りが開催され、全国から武川米を求める人で賑わいます。

武川村は釜無川流域地域に位置し、甲斐駒ケ岳のミネラル豊富な雪解け水、花崗岩質の砂質壌土恵まれ、米作りには最適の環境。香ばしく、冷めても味が変わりにくい米として、評価されています。

また武川村は良質な大豆の産地でもあります。小野光一「金精軒」@白州台ヶ原は、武川村で産する「オオツル」という品種を「惚れ惚れするくらいきれいな大豆」と惚れ込み、「信玄餅」のきな粉の原料として使用しています。

小野光一「金精軒」@白州台ヶ原の和菓子
栗が入った武田二十四將碁石金饅頭、定番の信玄餅、吟醸酒の酒粕使用の大吟醸粕てらで、秋の味覚をお楽しみください。
[PR]
# by calbra2 | 2006-11-03 09:45 | ■フォトストーリー
信玄餅、武田二十四將碁石金饅頭、甲州ならではの銘菓達


b0082891_13454077.jpg味覚の秋!甘いものが恋しい季節になりました。
近頃話題のスイーツ巡りをしている全国の甘党の皆様、お待たせです。
今回カルブラ新登場は、風林火山ロマンの伝道師、小野光一「金精軒」@白州台ヶ原の和菓子
栗が入った武田二十四將碁石金饅頭、定番の信玄餅、吟醸酒の酒粕使用の大吟醸粕てらで、秋の味覚をお楽しみください。
[PR]
# by calbra2 | 2006-11-02 13:47 | ■フォトストーリー
武川米


b0082891_12145517.jpg今度カルブラで取り扱う和菓子の「金精軒」小野社長との打合せのため、韮崎から白州町方面に出掛けた。
白州はサントリーの白州蒸溜所で有名だが、地元の銘酒「七賢」の山梨銘醸株式会社でも有名である。
酒造りは水が肝心、どちらも名水を育む南アルプスの麓ならではの産物だ。
もう一つ忘れてならないのは、武川村の米作りだ。この地域で生産される米は、山梨ブランド「武川米」として名をはせている。
[PR]
# by calbra2 | 2006-10-01 12:12 | ■フォトストーリー
国産赤ワイン原料品種「甲斐ノワール」


b0082891_113754100.jpg純国産の赤ワインを造るために生まれたブドウ品種。
山梨県果樹試験場が、実に21年という歳月をかけて開発した超エリート品種である。

ブラック・クィーンを母に、カベルネ・ソービニヨンを父に持つ「甲斐ノワール」から造られるワインは、酸味、辛みがそれほど強くなく、豊かな芳香とボディ感を持つ。
その香りは、カベルネ・ソービニヨンのものを受け継いでいる。

因みにノワールとはフランス語で「黒」という意味。
深い紫色の、濃厚なワインに仕上がる。
[PR]
# by calbra2 | 2006-08-29 11:40 | ■フォトストーリー
オープン記念キャンペーンでワインをプレゼントしました
b0082891_17511984.jpg開店から一ヶ月経ったところで、オープン記念キャンペーンを実施いたしました。
内容は、お客様に感謝の気持ちを込めて、甲斐ノワールでつくるカルブラオリジナル赤ワイン等を抽選でプレゼント!
以下の要領で実施いたしました。
また、今後ともこのようなキャンペーンを季節ごとに実施できればと考えております。その節は宜しくご応募下さい。

■景品および当選者数
A賞 カルブラオリジナル赤ワインCAL・・・・・・5名様
   ※山梨が誇る国産赤ワイン原料品種「甲斐ノワール」でつくるワイン(720ml)。
   ※ご当選者には、12月24日(クリスマスイブ)着で発送致します。

B賞 カルブラお甲斐モノポイント500P・・・100名様
   ※当サイトにて500円分のお買い物にご利用いただけます。
   ※有効期限は発行日から2年間です。

■応募〆切
2006年9月30日まで
■当選発表
2006年10月上旬
※ご当選者に直接メールでご通知致します。
[PR]
# by calbra2 | 2006-08-25 17:43 | ■インフォメーション
天然醸造純米酢は寒い冬に仕込みます。


b0082891_1711083.jpg食酢は、その醸造法によって醸造酢と合成酢に分類される。
醸造酢はさらに穀物酢と果実酢、それ以外の醸造酢に分けられ、穀物酢の中でも米の使用量が1リットル中40グラム以上のものは、米酢に分類される。
そして同じ米酢でも、米100%で造ったものだけが純米酢(純粋米酢)を名乗ることができる。
しかし実は、米だけで食酢を作るには1リットル中に200グラム以上の米が必要である。酸度は、酢になる前の酒のアルコール度数に依存し、アルコール度数は米の使用量に依存するためである。

一般的に大量生産される醸造酢は、足りない酸度を工業的なアルコールによってまかなっている。
このように米の使用量の少ない酢も、米だけで造った酢も、現行の表示制度では同じ醸造酢に分類されてしまうのである。

表示上は同じ醸造酢だが、そのまろやかな味わいと芳醇な香りは、米だけで造った純米酢(純粋米酢)ならではのものだ。
[PR]
# by calbra2 | 2006-08-17 17:16 | ■フォトストーリー
「鶴田寿一@牧丘の巨峰」本日予約受付開始!


b0082891_13363651.jpgぶどうの生産量日本一を誇るのが山梨県だということは、皆さんご存知かと思いますが、その中でも特に葡萄の王様「巨峰」の産地として名高いのが牧丘町です。
牧丘の肥沃な土壌、昼夜の激しい寒暖差、適切な標高等が、甘みの深い巨峰を生み出しました。
以前はほとんどが養蚕業だった牧丘の農家は、巨峰栽培に適した牧丘の自然環境を活かし、研究を重ね、牧丘の名を巨峰の一大産地として全国に知らしめるまでになったのです。

「鶴田寿一@牧丘の巨峰」予約ご注文は、こちらからどうぞ!
[PR]
# by calbra2 | 2006-08-13 13:35 | ■インフォメーション
「丹沢佳世子@山梨のネクタリン」2006年度の販売を終了いたします。


b0082891_1432862.jpg「丹沢佳世子@山梨のネクタリン」のご注文受付は本日(8月10日)をもって終了致しました。
たくさんのご利用をいただき誠にありがとうございました。
お買上いただいた皆様、お味の方はいかがでしたでしょうか。お気に召していただけましたら、また来シーズンもご愛顧の程、よろしくお願い申し上げます。
[PR]
# by calbra2 | 2006-08-10 14:01 | ■インフォメーション
山梨の手みやげナンバー1、金精軒の「信玄餅」近日カルブラデビュー!


b0082891_19444973.jpg高品質な国内産餅米を使用してつくる金精軒の「信玄餅」は、防腐剤、合成保存料を一切使用していないのは餅?論、国産餅米の味と風味を生かすために通称 「求肥(ぎゅうひ)」と言われる日持ち加工を行っていない。
「鮮度が生命」の生菓子である。
その国内産餅米と、武川町で契約栽培された大豆を自家焙煎して製粉したきな粉、江戸時代から続く黒蜜の加工会社へ金精軒専用の味で加工委託の黒蜜、麦芽水飴、白州の天然水、グラニュー糖、の6っつの素材だけでつくられている。だから当然のように美味しい。本当に美味しい。但し硬くならない内に早めに召し上がっていただけたら‥‥という条件が付く。
金精軒の「信玄餅」、カルブラアイテムとしてデビューするにあたり、全国のスウィーツ党に前もってお願いしたい。舌の上でとろけるきな粉と黒蜜と餅の絶妙のスウィートハーモニーに感動するために、どうかお早めに召し上がっていただきたい。
[PR]
# by calbra2 | 2006-08-09 19:49 | ■フォトストーリー
嬉しいご感想が届いています。


お客様からいくつかご感想を頂きました。
ブログへの掲載を快く許可してくださったので、
一つ紹介させていただきます。

---------------------------------------
こんにちは
先日ネクタリンを注文させていただいたHです。
友人の勧めで今回初めてネクタリンというものを注文したのですが、こんなにおいしい果物があったのか!と、家族一同感激しております。今年2歳になる息子と、夫と私の3人家族なのですが、たくさんあったネクタリンも、2日目にして早くも底をつきそうです。子供は口の周りをびっしょりにして、食べ終わるとおねだりして、「もう終わり
ね」といっても、喚いてききませんし、いつも子供みたいに騒いでいる夫も、ネクタリンを前にすると、黙々と目を輝かせながら食べてます(^_^;)
また来年も楽しみにしています。ありがとうございました。
---------------------------------------

ネクタリンを初めて食べて虜になった人が、結構いるようです。
僕もネクタリンを初めて食べた時から、あまりのおいしさに魅了されたクチなんで、この感動を共感できる人が増えることほど嬉しいことはないですね。
[PR]
# by calbra2 | 2006-08-08 20:00 | ■ポーカルブログ
巨峰の予約販売受付開始が若干遅れます。

b0082891_14382180.jpg■「鶴田寿一@牧丘の巨峰」の予約受付は、8月12日頃からになります。
大変恐縮ですが、もう少しお待ちください。
[PR]
# by calbra2 | 2006-08-08 11:34 | ■インフォメーション
この美味さ、写真で伝わりますか?


b0082891_1711551.jpg待ちに待った丹沢佳世子@山梨のネクタリンが丹沢農園から届いた。トップページフォトの撮影用だ。
早速箱を開けると、さわやかな香りが漂う。真っ赤に熟れたネクタリンは、まさに今食べてくださいと言わんばかりの、深紅のオーラを放っている。
オーラの誘惑をなんとか振り払い、撮影開始。スタジオに甘美な香りが充満する中、こらえて撮影を続ける。

「ああ、、食べちゃいたい‥‥」。オーラの誘惑を必死で振り払う。

今度はネクタリンをカットして撮影。縦にナイフを入れ、ぐるっと一周。中心に種が1つ入っている。梅干しの種を大きくした感じ。種離れが良好なため、軽くねじれば簡単に半分に分かれる。皮は、むかない。
半分にカットすると、さらなる芳香が放たれる。そして、あざやかで濃厚な黄色の果肉からは、果汁がジュワッとあふれ出す。
普通、果物って身が引き締まってれば果汁は少ない印象あるでしょ?ところが、このネクタリンは、身が引き締まっていながらものすごくジューシー。もはや反則。野球で例えるならば、松井のパワーを持ったイチロー。
こんな強烈なオーラに耐えられるはずもなく、4、5枚撮って撮影中断。あと11個もあることだし。一思いにかぶりつく。

「う、うまい、、、」。

歯ごたえがありながらも、みずみずしい。

果肉中心に程よい酸味があり、中心からはなれるほど甘い。皮をむかずに食べれば、皮を噛むほどフルーティーな香りがほとばしり、甘みと酸味が絶妙なバランスで交ざり合う。皮までうまい果物は、そう多くはないはずだ。
そうこうしているうちに、あれよあれよと1個完食。

「ああ、こんなことをしている場合じゃない。撮らねば。」

そんなこんなで、撮影を口実に、この日のうちにかなりの量のネクタリンを一人で消費したことは、言うまでもない。
[PR]
# by calbra2 | 2006-08-03 17:14 | ■フォトストーリー
構想8年、まだ立ち上がったに過ぎませんが‥‥
21/Jul./2006

b0082891_1945310.jpg私たちは山梨の産物(やまなしブランド)をより多くの人に知ってもらいたいという想いからネットショップの構想を練り始めました。
ローカルブランドだから縮めてカルブラ。それを生産する人はカルブリスト。カルブラを愛用する人はカルブ。ん?この語感はセレブと対比できそうだ。いわゆるセレブのブランド志向は私たちローカル人には縁がないし。そうするとテーマは「脱・既存のブランド志向」だ。おー!カルブっぽくていいぞ。
いつの間にか私たちの頭の中ではカルブという言葉が市民権を得て壮大なカルブラワールドが誕生していました。
さてこのカルブラワールド、誰にどう伝えれば共感を得られるものなのか、私たちの熱い試行錯誤は永遠に続きます。
[PR]
# by calbra2 | 2006-07-21 19:05 | ■コンセプト
甲斐モノサイト<カルブラ>マスコット犬、ゲンキからご挨拶
03/Jun./2006

b0082891_1724382.jpg■「ボクは元気です。ビーグルです。」
この度、甲斐モノサイト<カルブラ>のマスコット犬に就任いたしました。
マスコット犬というからには、ただのマスコットでありまして、水着メーカーのキャンペーンガールや、プロ野球チームのチームキャラクターなどとは違い、ほとんど何もいたしません。
本来なら、テレビCMとか、イベント会場でのコンパニオンとか、精力的に活動をしたいのですが、あいにくボクの所属する甲斐モノサイト<カルブラ>は、山梨の田舎の一ネット通販業者でありまして、とてもじゃないですがボクが派手な活躍をする環境にはございません。
しかしながら、スタッフの活動は大変地味ではございますが、夢はとてつもなく大きいようで、会議の席上では時折、
「既存のメジャーなブランドに打ち勝つパワーを、全国、いや世界に見せつけるぞ‥‥」
というような、威勢のいい会話が飛び交っております。
ボクも微力ながら精一杯、甲斐モノサイト<カルブラ>のマスコット犬を務めさせていただく所存でございます。
どうか末永く、ボク共々甲斐モノサイト<カルブラ>をご愛顧の程お願い申し上げまして、甚だ簡単ではございますが甲斐モノサイト<カルブラ>マスコット犬就任のご挨拶とさせていただきます。
本日は誠にありがとうございました。
[PR]
# by calbra2 | 2006-07-20 17:48 | ■インフォメーション
甲斐モノポイントシステムのご案内
03/Jun./2006

b0082891_16262742.jpg■甲斐モノサイト「カルブラ」でのお甲斐モノ(買い物)時に、会員登録をすると、お買上商品代の5%分のポイントが発行されます。
※ポイント発生のタイミングは、ご入金が確認されて後になります。

■お貯めいただいたポイントは1ポイント1円に換算して、次回のお買い物からご利用できます。

■ポイントの有効期間は、最後のご利用時から2年間です。

※ポイント発行のルールは予告なく変更する場合がございます。
[PR]
# by calbra2 | 2006-07-20 16:51 | ■インフォメーション
開店のご挨拶

b0082891_14405886.jpg■山梨の選りすぐりの産物、山梨のホンモノを、全国の皆様に是非ご紹介したく、甲斐モノサイトカルブラを開店いたました。

■私たちが、自分の足で調べ、自分の目で感じ、自分の舌で比べ試した選りすぐりのカルブラ(ローカルブランド)の数々をご紹介してまいります。

■山梨の未来に向けて、常に進化するショッピングサイトを目指し「急がず、焦らず、諦めず」をモットーに、山梨の四季を楽しみ、山梨の良さを再認識しながら、お客様の声に耳を傾け、ご指導を仰ぎながら、お客様と共に歩んでまいります。

■そんな気持ちで、時間をかけて山梨のホンモノ探しをしております。当面は商品数が少なく、物足りなさをお感じになられるかと存じますが、徐々に厳選した商品を追加して行く中で、厳選カルブラアイテムの充実はもちろんのこと、私たちのホームタウン山梨県の四季折々の魅力までをもご紹介できるようなコンテンツの充実を図ってまいりたいと考えております。

■ネット通販を運営するにあたり、私たちは、山梨のホンモノを、可能な限り最高の状態でお届けすることを最優先に考えています。そのためには、配送日時をこちらで指定させていただかざるをえないなど、お客様にとって何かと不都合な点が多いかと思います。しかし、品質においてはどこの商品にも負けないと自負しております。どうぞカルブラでのお甲斐モノ(ショッピング)を、ゆったり、まったり、心ゆくまでお楽しみください。

2006年7月吉日
やまなしブランド流通事業組合設立準備委員会
代表 斧田耕平
[PR]
# by calbra2 | 2006-07-15 06:39 | ■コンセプト
さくらんぼの季節は過ぎてしまいましたが‥‥

b0082891_15192427.jpg■さくらんぼの季節は過ぎてしまいましたが、果実王国山梨にも当然おいしいさくらんぼございます。

■果実王国山梨の中心地山梨市を始め、昨年市町村合併で新たに甲州市となった塩山。同じく一昨年新たに笛吹市となった御坂町、一宮町。そのまた前年新たに南アルプス市となった旧中巨摩郡‥‥等々。

■カルブラでもとっておきの「さくらんぼ」探しを今シーズン進めてまいりました。めぼしきさくらんぼ畑までおもむき、木にたわわに実る熟れたさくらんぼをちぎっては食べちぎっては食べ。なにやら至福の時間。

■来シーズンの予約受付開始をどうぞ首を長くしてご期待下さい。首を長くしてと申しましても、伸びた首で直接木から頬ばるわけにはまいりません。
樹上完熟をそのまま産地直送ネット通販致します。
[PR]
# by calbra2 | 2006-07-08 15:23 | ■フォトストーリー
鶴田寿一@牧丘の巨峰、8月8日【立秋】より予約受付開始

b0082891_14382180.jpg■山梨といえば葡萄。葡萄といえば巨峰。
そして山梨では、「巨峰といえば牧丘」なのです。

■カルブラでも当然とっておきの「牧丘の巨峰」を皆様にご紹介する準備を着々と進めております。生産者は誠実で努力家、研究心旺盛な巨峰作りのスペシャリスト鶴田寿一さん

■「鶴田寿一@牧丘の巨峰」の予約受付は、8月8日(立秋)よりスタート!
どうぞお楽しみに。
[PR]
# by calbra2 | 2006-07-08 14:36 | ■インフォメーション
対クロアチア戦、川口能活PKを止めた瞬間!【Top Page Story 06.07.17~予告!】


b0082891_9442149.jpg■6月18日午後3時、ニュルンベルク・フランケン・スタジアムは、日陰でじっとしていても汗ばむ程の猛暑だった。
初戦オーストラリアに惨敗した日本代表は、中世の美しい町並を残すドイツの代表的古都で、予選リーグ第2戦(絶対に負けられない闘い)に臨んだ。

■日本時間22時24分、ペナルティキックという絶体絶命の危機を、守護神川口能活が救った。

■このファインセーブのお陰で、日本代表は負けずに済んだ。そして決勝トーナメント進出へ、一縷の望みをつないだ。

■その後、6月22日、日本代表のワールドカップ2006ドイツ大会は、ドルトムント(対ブラジル戦)で終わった。

■日本代表ゴールキーパー川口能活は、このプレーでサポーターの夢と期待をおよそ4日間引き延ばしてくれた。
「日本の歴史を4日間ばかり動かした」と見るのは大袈裟だろうか。



※「山梨に関係ないじゃないか」とのご指摘、ごもっともでございます。
トップページの左上、この写真のスペースは年間72回の写真入れ替えを予定しております。山梨の風景に限ることなく自由気儘に入れ替えます。時には祭りの風景、時には季節の花、時にはご訪問いただいた方からの投稿写真、自由気儘な年間72話のカルブラトップページフォトストーリー、お気に召すままご覧あれ。



Photo supplied by    『午前4時から正午まで』 fourto12.exblog.jp Jun.2006


[PR]
# by calbra2 | 2006-07-05 09:41 | ■フォトストーリー
様々な緑が印象に残るドイツの風景【Top Page Story 06.7.12~】
b0082891_11294261.jpg■ドイツ・リンブルク 中央駅から南へ歩くこと30分。Eduard Horn Park という公園の一角から撮影した。

■麦畑にたぶん農作業車の轍の跡だと思われる深緑の平行曲線が印象的なドイツのオーソドックスなフィールド風景だ。

※「山梨に関係ないじゃないか」とのご指摘、ごもっともでございます。
トップページの左上、この写真のスペースは年間72回の写真入れ替えを予定しております。山梨の風景に限ることなく自由気儘に入れ替えます。時には祭りの風景、時には季節の花、時にはご訪問いただいた方からの投稿写真、自由気儘な年間72話のカルブラトップページフォトストーリー、お気に召すままご覧あれ。


Photo supplied by    『午前4時から正午まで』 fourto12.exblog.jp Jun.2006


[PR]
# by calbra2 | 2006-07-01 11:27 | ■フォトストーリー
関連ブログ●リンク集








[PR]
# by calbra2 | 2006-06-26 20:38 | ■ポーカルブログ
【Calbra News】甲斐モノサイト<カルブラ>オープンに先立って、公式ブログでご挨拶。
b0082891_17575373.jpgキャッチコピー<C案>:
私のご用達、やまなし県。

ボディコピー<C案>:
「僕の行きつけの飲み屋、じゃなくてネットショップで、山梨の一番おいしいとこ押さえちゃっていい?」
「いいねー、女房の実家の分も頼める?」
「どうかなあ、いろんな意味で限定販売だから。」
「えー!」
「わかったわかった、すぐ注文してみるよ。」
「さすが甲斐モノサイト/カルブラ。ところで一番美おいしいとこって何よ。」
「‥‥なんだよカルブラ知ってんのかよ。だったら自分で予約注文しろよ。」
「URL教えて。」
http://yamanashi.calbra.net
「サンキュー」
「あっ!でもまだオープンしてないよ。」
「知ってるよ。7月12日オープンだろ。」
「‥‥‥‥」

みんなのご用達、やまなし県。
<甲斐モノサイト/カルブラ>
2006年7月12日、ほんのさわりからオープン!



Photo supplied by    『午前4時から正午まで』 fourto12.exblog.jp Jun.2006


[PR]
# by calbra2 | 2006-06-21 17:58 | ■インフォメーション
【INDEX】以前の記事
2007年06月】 大吟醸粕てら/信玄餅 詰め合わせ、新価格のお知らせ

2007年02月】 今年は、山梨県産ワインについて勉強したいと思っています。
2007年01月】 明けましておめでとうございます。本年も甲斐モノサイト「カルブラ」ご愛顧の程よろしくお願い申し上げます。山梨県ご紹介ブログ「やまなし県で逢いませう」もよろしく。

2006年12月】「農林48号」をご存じですか。
2006年11月】 11月は、新米やヌーボーの季節。<カルブラ>もまだまだ新米です。
2006年10月】 先月は巨峰の出荷時期ということもあり更新できませんでした。とはいえ今月もネタが少なくてすいません。
2006年08月】 先月は雨が多く、とうとう梅雨明け宣言は8月に入ってからでした。
2006年07月】 甲斐モノサイト<カルブラ>ほんのさわりからオープン!の月。
2006年06月】 甲斐モノサイト<カルブラ>オープンの前月。コンセプト等、開設準備段階の記事が主です。
[PR]
# by calbra2 | 2006-05-05 10:55 | ■バックナンバー








当ブログ【カルブログ】は、甲斐モノサイト【カルブラ】のサイドストーリーで構成されるブログです。あるが儘の山梨県と、日々進化するローカルブランド流通レボリューションの軌跡を(‥ってそんなたいそうなもんじゃないんですが)垣間見ていただければ幸いです。
そして甲斐モノサイト【カルブラ】とは、私たち「やまなしブランド流通事業組合設立準備委員会」が運営する、山梨県の産物を山梨県の生産者から産地直送でお届けするネット通販サイトです。どうぞお気軽にご訪問下さい。








その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧